OS L.S.D FEATURE

OSスーパーロックLSDの特長

車種別適合表はこちら
1.画期的なL.T.C.S.(ロック・タイミング・コントロール・システム)

・プレッシャーリング内にスプリングが内蔵され、常にプレッシャーリングを閉じる方向(プレシャーリングが開くことでデフはロックする)に荷重をかけています。そのため、その設定荷重を超えない場合(アクセルOFF・低負荷時)は、純正オープンデフと同等の機能により、スムーズなコーナリング性能を発揮します。
・アクセルを踏み込み、左右輪の駆動トルクの差が、設定値(バネレート)を超えると(アクセルON・高負荷時)プレッシャーリングが開いてデフロックされ、エンジントルクが左右の車軸に均等に伝達されます。
・この機能により、LSD特有のフリクションプレートの「ひこずり感」が無くなり、低速コーナーがよりスムーズに、そして静かに走ることができます。純正オープンデフからデフロックになる過程、あるいはその逆も、非常にスムーズに切り替わるので、アクセルコントロールが格段にしやすくなります。(特許取得:日本・米国・台湾・韓国)

2.100%のロックを実現する大容量ディスクS.T.S.G. (スプラインスルーサイドギア)

機械式LSDのロック性能を左右するのは、その内蔵されるディスクプレートの直径と枚数の多さです。OSスーパーロックL.S.Dでは、内蔵されるサイドギア及びピニオンギアを、当社独自の製法により高強度を維持しながら小径化することに成功しました。・サイドギアをスプラインスルー形状とすることによりディスクの枚数を、従来品に比べ1.5~2倍以上(当社比・一部車種除く)多く組み込むことができ、100%デフロックを余裕で実現しました。・余計な滑りが発生しないので、LSD特有の不快なチャタリング音は発生せず、完全ロックした時の音や衝撃等は一切ありません。ロックした瞬間をドライバーは感知できないほどスムースです。(特許取得:日本・米国・台湾・韓国)

スーパーロックL.S.D装着のメリット

カスタマイズ【SPEC-X】

当社標準【SPEC-S】に加え、カスタマイズ可能なSPEC-X】を用意。
ユーザーの使用用途・条件、車の仕様などに応じて、作動方式(1.1Way、1.5Way、2Way、逆1.5way)の他、カム角、ロックタイミング、イニシャルトルクなどを、任意にカスタマイズ。
テクニカルショップまたはOS技研までご相談ください。
※装着後半年以内のリセッティングが無料。(1回のみ・デフの脱着工賃は有料)

SPEC-S(標準仕様)
1.1way スポーツ走行、レース、ジムカーナ、0-400mなどの使用を可能にしながら、通常の市街地走行では市販LSD中トップレベルの静粛性と操作性を誇ります。加速時に十分なトラクションが得られ、コーナー進入時にアクセルOFFにしていれば、LSDは作動しないため、ステアリング操作に対して素直にクルマは動きます。扱いやすく初めてLSDを装着する方に最適。ストリートからサーキットまで対応します。
SPEC-X(カスタマイズ仕様)プラス11,000円(税込)
1.5way アクセルON/OFFともにLSDは作動しますが、減速側のカム角を小さくとることでコーナー進入時の効きがマイルドとなり、FF車にありがちなプッシュアンダーの傾向を抑えつつ、車両の姿勢を安定させるバランスの良さが魅力です。サーキットなどのスポーツ走行を楽しむ方にお勧めます。
2way アクセルON/OFFともに同じ強め作動効果が持続します。1.5wayよりもアンダーステア傾向になりますが、コーナー進入での車両姿勢をより安定させるメリットがあります。サーキットを本気で走る上級者用といえます。
逆1.5way 通常の1.5wayと逆で、加速時よりアクセルオフの減速時にLSDが強く作動します。サーキット中級者以上向きです。