デュアルコアLSDについてのQ&A
Q:イニシャルを高くすれば、空転時にロック状態にできるのでは無いですか?

A:確かに、イニシャルを高くすることによって空転時にロック状態を作ることは可能です。
しかし、空転時にロックするためにはかなり高めのイニシャルを必要とします。
高いイニシャルにすると、当然、通常一般走行,車庫入れなどなどLSDの恩恵がいらない場合でもLSDとして作動してしまいます。
そのため、コーナーリング時のステアリングへの影響,電子制御の誤作動,緩いコーナーでの抵抗(車によっては車速が落ちることも)などなど、サーキット以外ではデメリットが多いです。

Q:サイドギアさえ交換すればデュアルコアLSDになるの?

A:確かに、物理的にはなるのですが、実際には…
デュアルコアLSDはカム角からその他の設定(プレッシャーリングバネレート,イニシャル)が変わってきますので、サイドギア交換だけでは、デュアルコアLSDの真価は発揮できないばかりか問題が出る場合もあります。

Q:最初のイニシャルどのくらいですか?

A:基本的に、スーパーロックLSDに準拠します。
しかし、トヨタ86に関して言えば、イニシャルを0にした方がラップタイムが良い場合もあります。

Q:価格は、上がるのですか?

A:はい、上がります。
通常でスーパーロックLSDの、22,000円アップになります。
例:トヨタ86用スーパーロックLSDが136,000円なので、デュアルロックLSDは158,000円になります。(すべて消費税別)

Q:ラインナップは?

A:現在は、86/BRZとハイエース、s2000のラインナップ
今後、各車の特性に合わせて、徐々にラインナップしていきます。
皆さんからの、要望が多いとその機種を製作するかも・・・

Q:FFとか4WD用は考えられていますか?

A:当然、視野に入れて考えています。
とりあえずテストをしてからの結果しだいです。