ハイレスポンス&伝達力はそのままに、踏力はノーマルの25%ダウン。

 

ビッグパワー・ビッグトルクを伝えるには、単純に大径化するのが早道ですが、

それではレスポンス性が損なわれ、大幅なパワーロスとなってしまいます。

OS技研では、長年の技術経験と実績をもとに、小径で大トルクの伝達が可能なクラッチを開発し、

特にスポーツクラッチに求められるハイレスポンスと大トルクの伝達を実現しています。

 

踏力はメーカー純正より25%DOWN※に成功!!

 

ダイヤフラムスプリングの設計、材質、熱処理の変更を行い、圧着力をキープしながら、ノーマル比約25%もの踏力の軽減を実現しました。

2.エンジンのレスポンスアップ

 

幾度ものシュミレーションと豊富な経験から、車種ごとに最適な軽量フライホイールを選択しています。

素早いシフトワーク!!

 

ディスク慣性質量の軽減により、シンクロメッシュの機能を100%発揮し、素早いシフトワークを実現しました。

放熱性UP!!

 

ディスク面にスリットを設けることによって、空気の流れをコントロールし、優れたクーリング性能を実現。 さらにアルミカバーの採用により内部で発生した熱を効率的に放熱しています。

スポーツ走行時のダイレクト感

 

信頼と実績を持つメタルディスクを採用することにより、他の材質のディスクに見られる、スポーツ走行時でのクラッチ操作のタイムラグがなく、ダイレクトな伝達性能を誇ります。

※仕様・外観は、改良のため予告無く変更する場合がありますのでご了承ください。 ※ノーマル当社測定比
FOOTER