tcd

 OSスーパーロックLSDは2002年に誕生して以来、数々のレースシーンで活躍し好評を得ています。OSスーパーロックLSDでなければ勝てないと言われるレースまで現れてきました。
 では今なぜOS技研は、BMW用にLSDを開発したのでしょうか?
 一つには、現在盛んに行われているユーロカップ等のレース出場チームからのオファーが多かったこと。しかし最も大きな理由は、AT車にベストマッチするLSDを開発することにありました。
  BMWのATミッション及び電子デバイス(ASC+T)は、非常にスポーティでありながらレベルの高い安全性を誇るもので、開発対象とするには最高の素材でした。

 いかに BMWのATミッション及び電子デバイスが完成度が高いと言えども、やはり「操る面白さ」が多少なりともスポイルされているのは否定できません。ではどうすれば日常の走行を快適にしながら、BMWの秘めたスポーツマインドを引き出せるのか?その答えがOSスーパーロックLSDの中にあります。
 このグラフで分かる通り、純正LSDや従来のLSDに比べ、OSスーパーロックLSDはつながりもスムーズで、100%デフロックによる強烈なトラクションを実現します。アクセルコントロール一つで駆動輪のトラクションをコントロールでき、ドライバーの思ったとおりのコーナリングラインをトレースできます。

 サーキット走行において1/100秒単位でタイムを削っていくためには、ロックタイミングを自由に設定できる機能が不可欠でした。そこでOSスーパーロックLSDは、標準品とは別にプロフェショナルタイプ(特注品)を設け、自由にロックタイミングをセッティング可能にしました。

 雪道はサーキットとはまるで違うように見えますが、左右輪のグリップ差が極端に変わる点では同じです。サーキットではコーナリング中のインリフト、雪道では路面のμ変化がクルマを不安定にします。OSスーパーロックLSDが雪道や悪路における左右輪のグリップの差を吸収し、スムーズなデフロックで、安定したトラクションを実現します。

※仕様・外観は、改良のため予告無く変更する場合がありますのでご了承ください。
FOOTER